ムツ ばあさん。 映画『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』公式サイト

ムツばあさんと秩父山中の場所はどこ?BSプレミアムドキュメンタリーまとめ

「人生なんて本当あっけねえもんだが」ムツさんの言葉が印象的だった。 この時のことを語るムツさんの想いが、本当に山や自然を愛するものの言葉なんだな、とここでもうるっと感動してしまいます。 自らカメラを持ち、語りかけるスタイルで太田部の人々の魅力的な人柄と自然な表情を引き出す。 ところが、1969年に下久保ダムが完成。 でもやがて、ムツさんにつらい出来事が…。

Next

花を植え続ける夫婦の18年を追ったドキュメンタリー『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』が関西の劇場でもいよいよ公開!

暮らす人が年々少なくなる村に、春になるとムツさん夫婦の植えた色とりどりの花が咲きほこる。 奥秩父の「天空の里」といわれる沢戸集落だ。 お店はあったが売っているものがない ようやく現れたデイリーヤマザキでおはぎを買って栄養補給し、西武秩父駅まで戻り、輪行して帰宅した。 この時のムツさんはご主人を失って元気がなくなってしまっていたことと、体力も落ちてしまって、4人1組で行う山道の手入れも、他のみんなのようには動けなくなっていました。 過疎の村…というと寂しい印象だけど 優しい夫・ 公一さんや、 近隣の人々…そして里山に包まれた ムツばあさんの人生は とても満ち足りた豊かなものだったんじゃ ないかしら? 豊かさを求めて自然から離れて 暮らすようになった私たち。 映画自体は見に行く予定はありませんが今年は桜の開花も早そうなので、4月になる頃にもう一度楢尾集落に行ってみようかと思っています。 岡山県 1館• 村が栄えていた当時は、戦後の住宅ブームで、何もかもが高値で売れ大きな需要があったようです。

Next

ドライブスポット16 秩父市 吉田太田部 楢尾集落

走行ルート ルートは、西武秩父駅〜太田部峠〜吉田太田部〜神流湖〜土坂峠〜西武秩父駅。 その土地に対する人の記憶や歴史の痕跡は残っているのである。 毎日コツコツ、その数、1万本以上。 一つの集落が消えるとはどういうことか。 上記は楢尾集落から戻って来た時で、逆方向から見たトイレです。 このトイレは綺麗で電気も通っています。 まんぞうさんから、貴重な情報をいただきましたので、記載させていただきます! 多分正確な場所について、かなり多くの方が気になっていると思っていました。

Next

ムツばあさんと秩父山中の場所はどこ?BSプレミアムドキュメンタリーまとめ

のんびりするよぉ。 暮らす人が年々いなくなる小さな村は、春、色とりどりの花に包まれるようになりました。 朝食抜きだとペダルを踏む脚に力が入らない。 そして、10年にわたって1万本以上の木の苗や花をこの楢尾地区に植えてきたそうです。 ところが 多分、お二人ともそういったことを誰からも教わること無く、私達が肉体を持って生活するのに必要で、それに助けられた自然という宇宙からの贈り物。 ただし私が見た時は男性側(小)が利用禁止になっていました。

Next

花のあとさき ムツばあさんの歩いた道 : 作品情報

そもそも無人であってもやはり人様の敷地内なので、本来は立ち入るものでは無いと思います。 この受け継がれていく意志・遺志を 思うだけでも、 ムツばあさんの大きな大きな力を感じ 何だか胸が熱くなるわね。 NHKの人気ドキュメンタリーシリーズ 「秩父山中 花のあとさき」待望の映画化。 左折側が引き続き太田部峠2号線なのでそちらへ進みます。 この場所を調べる前に、ムツばあさんが花を植えていた場所や、その後ろに映る道路が、かつては畑だった場所で、そこにダムへと続く道路ができたことを知っていたからかもしれません。

Next

花のあとさき ムツばあさんの歩いた道 : 作品情報

二人が心がけていたのは、いつか誰も世話をする人がいなくなっても咲く、丈夫な花を育てること。 潤いの雨を受けてアジサイが咲き、秋は、苗木の時から夫婦で育てたモミジが彩ります。 と同時に、この吉田町太田部という所が、いったいどんな場所なのか、この目で確かめたいと思い、桜が咲くちょっと前のまだ肌寒い3月の終わりに秩父へ向かった。 まして建物内に無理に立ち入ったり、置かれている物などに手を触れたり形を変える事などは厳禁だと言えます。 」と話すと 絶句して「では、花たちは?」誰もが疑問に思いますよね。 かつては、この地区一帯は、700名近くの人が住んでいましたが、下久保ダムの完成に伴って整備された道路によって、都会との距離を便利なものに変えてくれました。 日当たりのいい場所を開墾し畑を作って 長年 暮らしてきた。

Next