同志社 大学 シングル サイン オン。 シングルサインオン(SSO)とは

シングルサインオン(SSO)とは

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 Office 365との認証連携については、今後BIG-IP APMとSAML連携させることが検討されています。 F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。 学外で利用される場合、または私費で購入されたPCにインストールされる場合は下記の「私費で購入したPCにインストールする場合」をご確認ください。 Auto CAD• 同志社女子大学ではすでに運用していた学内認証システムとOffice 365のユーザ認証を連携させる必要がありましたが、学内認証システムの機器リプレースが迫っていたこともあり、認証システム全体を見直すタイミングに来ていました。

Next

F5ネットワークス、同志社女子大学のシングルサインオン基盤構築を支援|F5ネットワークスジャパン合同会社のプレスリリース

またベンダーが統一されたことで、疑問が生じた時の問い合わせもシンプルになりました。 また、を連邦化 federate することによって、ひとつの組織(管理ドメイン)を超えて他の管理ドメインのWebサーバにも同一のユーザIDとパスワードの組でログインできるようにする処理も、しばしば「シングルサインオン」と呼ばれている。 既にWindowsOSがインストールされているコンピュータにのみ、インストール可能です。 これにより、パスワードを狙ったサイバー攻撃による被害のリスクを抑え、強固な認証を実現することができます。 ユーザがこのポータルにアクセスすると、まず、ユーザID入力画面とパスワード入力画面が表示され、入力した情報がLDAPの登録情報と照合され、認証処理が行われます。 F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。

Next

サイトライセンスソフトウェア利用(学生)|サービス|同志社大学 ITサポートオフィス 情報教育環境ナビゲーション

そこでBIG-IP APMによって新たなSSO基盤を構築することになりました。 Stata• 認証が完了すると、利用可能なシステムの一覧が表示され、いずれかをクリックすると、BIG-IP APMからそのシステムへ認証情報がPOSTメソッドで自動送信される仕組みで、ユーザがあらためてIDやパスワードを入力しなくとも各システムでの認証が実行される。 Office製品をインストールする場合 Office製品のインストールには、を利用してインストーラーをダウンロードする方法と、からダウンロードする方法の2種類の方法が選択できます。 この問題を解決するため、複数のネットワーク機器をBIG-IPへと集約することになった。 ) 『Office365ProPlus』の利用方法・利用マニュアル のP. この問題を解決するため、複数のネットワーク機器をBIG-IPへと集約することになりました。 これにより、契約業務における文書閲覧や編集の権限管理の一元管理ができ、業務の効率化とセキュリティ強化を図ることができます。

Next

お知らせ|同志社大学 ラーニング・コモンズ

ICカード裏面左下には、マトリクス認証用乱数表がついており、Webシングルサインオンの個人認証をよりセキュアに行うことを実現しています。 同志社女子大学では、教務システム等の学内システムがハウジングを利用したプライベートクラウドで運用される一方、ロードバランサ等のネットワーク機器は学内のサーバルームに設置されていました。 以上のように、SSOを実装する際には適切な対応環境から選定します。 (1)ID連携(New)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 『ID連携』は、社内のディレクトリサービス(Active DirectoryまたはLDAP Manager)上の従業員(ユーザー)情報を「トラスト・ログイン」に同期できるオプションサービスです。 BIG-IPへの機器集約によって、設置スペースが大幅に削減され、ネットワーク機器管理の負担も軽減しました。

Next

F5ネットワークス、同志社女子大学のシングルサインオン基盤構築を支援|F5ネットワークスジャパン合同会社のプレスリリース

システム担当者は、自社のディレクトリサービスから「GMO電子印鑑Agree」を利用するユーザーの一元管理が可能なため、より安全かつ簡単に「GMO電子印鑑Agree」を導入・運用ができるようになります。 認証方法 インターネット経由で30日に1度ライセンスの確認が行われます。 同志社女子大学ではすでに運用していた学内認証システムとOffice 365のユーザ認証を連携させる必要がありましたが、学内認証システムの機器リプレースが迫っていたこともあり、認証システム全体を見直すタイミングに来ていました。 12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りのIDカードが配布される。 大学所有のPC(個人研究費等大学の公費で購入した)PCで利用する場合は、台数に制限なく、無償でインストールすることが可能です。 060~P. F5 BIG-IP APMで構築したポータルが認証情報送信を代行、機器集約による運用性向上やセキュリティ強化の効果も F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘正清、以下 F5)は、同志社女子大学(京田辺キャンパス:京都府京田辺市、学長:加賀 裕郎、以下 同志社女子大学)が、ロードバランサ等のネットワーク機器を「F5 BIG-IP(以下 BIG-IP)」に集約するとともに、学内のシングルサインオン(SSO)基盤をBIG-IP Access Policy Manager(APM)で構築したことを発表しました。 LC閉室、学生の入構禁止に伴い、対面での学習相談ができませんので、オンラインにて実施します。

Next

シングルサインオン(SSO)とは

シングルサインオンを導入すれば、ユーザはひと組のIDとパスワードを覚えればすべての機能を使用することができる。 またベンダーが統一されたことで、疑問が生じた時の問い合わせもシンプルになりました。 希望メディアで「フォーム」を選択し、相談内容を詳しく書いて送信いただくと、5日以内(土、日、祝日を含まず)に、大学で付与されているメールアドレス宛に相談内容について回答します。 Office 365との認証連携については、今後BIG-IP APMとSAML連携させることが検討されています。 【注意】「Windows OS」「Office for 2016」「Office for Mac 2016」のインストールについて マイクロソフトのサービスについて Microsoftの多くのサービスでは、「プライバシーに関する声明」の規程に従って、利用者の個人情報(利用履歴やコンテンツ)が収集されます。 今後は、BIG-IP DNSの導入によってBindの脆弱性を回避することや、IPインテリジェンスやWeb Application Firewall(WAF)機能の活用によるさらなるセキュリティ強化も視野に入れています。

Next

F5ネットワークス、同志社女子大学のシングルサインオン基盤構築を支援 (2017年1月10日)

BIG-IPによるシステム構築は2016年7月に開始され、それまで使用していたファイアウォールやロードバランサ、SSL VPNの機能がすべてBIG-IPへ集約された。 。 この問題を解決するため、複数のネットワーク機器をBIG-IPへと集約することになりました。 SPは利用者からログインの申請があるとIdPへ問い合わせを行う(利用者側のWebブラウザなどを経由して間接的に行う場合もある)。 して記事の信頼性向上にご協力ください。

Next

シングルサインオン(SSO)の選び方と仕組みの解説

Maple• (2)「トラスト・ログイン」上でのID管理の一元管理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ID管理機能は、従業員が利用する各種アプリケーションのID・パスワードを「トラスト・ログイン」上で一元管理できる機能です。 ソフトウェアの「選択」ボタンがグレーアウトしている場合、ダウンロードして頂くことができません。 さらに、BIG-IP APMを活用した新たな学内ポータルも構築され、ユーザ認証をこのポータルで行うことで、学内各システムへのログインをBIG-IP APMから自動的に行う仕組みが確立されました。 こうした状況を受け、従業員の安全確保や業務効率向上のため、捺印業務によるオフィス出社を不要とする、ハンコの電子化(電子印鑑)・電子契約への注目が高まっています。 ・から申し込んでください。 製品に関する詳細 BIG-IP ハードウェア製品について BIG-IP Access Policy Managerについて BIG-IP Local Traffic Managerについて BIG-IP Advanced Firewall Managerについて F5ネットワークスについて F5は、アプリケーションが、データセンタ、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。

Next