まるこ姫の独り言。 [B! 安倍政権] 安倍首相、とうとう立法府の長に(笑「安保法の国会議事録、知らぬ間に修正」さすが安倍政権!: まるこ姫の独り言

SEN 写真から見る、お育ちの良さ(笑)と塚本幼稚園講演者一覧(まるこ姫の独り言)かさっこ地蔵

2014衆院選の後、日本の選挙で種々問題点あり(白票然り)国連として選挙見守り隊を派遣したい、という申し出。 同じように、感染性ウィルスとされているものによって課された社会、 経済の危機のせいで、食料の配給を受ける、ひどく長い列をつくっている 数十万人の列がある。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 加計審議、あんな低レベルな質問なら与党の質問時間は要らない まるこ姫の独り言 2017年11月16日 昨日の与党側の質問を聞いていると、改めて与党の質問時間は、要らないと思った。 国民の消費生活を困窮させ,自己愛と国家的な愛国心を固く結合させ,中国と韓国を敵視させ,戦争の出来る国家に仕立てようと企む連中。 行政府に属する検察は国民と議会に忠誠を尽くし、一方司法府に属する裁判所は憲法と基本法に忠誠を尽くすのが、三権分立の真意である。 概要を表示 、知らぬ間にの長になっていた の長なら分かるが、なぜの長になるのか。

Next

今日の特別篇(30): 渡邉良明のブログ「日本の天命・日本人の使命」

。 義家の場合、権力側の人間で政府を守るために、加計問題を報道して来たマスメディアに矛先を向けたり、野党の質問に対して、やたら非難をしている。 まるこ姫が、「~ あんな低レベルな質問なら与党の質問時間は要らない」とする怒りのブログを書きました。 これだけのオールスターを呼べる人物と、それ以上に総理夫婦を相手にした行政マンは 冷や汗と悪知恵の日々であったであろう。 国際選挙監視団の派遣が必要不可欠である。

Next

あんな低レベルの質問なら与党の質問時間は不要(まるこ姫)

パク・クネを馬鹿にするなら田崎やマスコミのトップにペラペラ喋ってる安倍はどうなんだ!!って話です。 」 超絶カッコ悪い… 腹をくくらずに生きている、みじめでみっともない人生です… さすが、コスプレ右翼(=ネトウヨ)です。 かくいう私も箸の持ち方を間違えたまま育ったから偉そうなことは言えなんいんだが、大人になってから気付いて直したよ。 投稿者 湯沢 事務局 時刻: 8:00 lysbell. 一連の、安倍政権になってからの自民党議員の 「政治と金」に対して大甘処分をする東京地検を見ていると、やっぱり今でもズブズブの関係は続いていると感じる。 ひょっとしたら、そのうちには広島地検も腰砕けになるかも。

Next

SEN 写真から見る、お育ちの良さ(笑)と塚本幼稚園講演者一覧(まるこ姫の独り言)かさっこ地蔵

これまでもそうだったように、これからも全体主義者の策略は阻止され続けるだろう。 不正選挙が繰り返され、人間のクズが総理として居座り続けている。 美しい日本どころか、日本に泥を塗っている連中である。 は、与党議員の質問時間を大幅に増やせという全く何の理由もない要求を出した挙句、これまでの2割から3割3分に質問時間を大幅に増やしました。 利害関係を持つ与党議員や、安倍政権に恋々としている維新の会の議員が質問したら、当然与党を守るために必死になるのは分かり切った話で、本来なら義家は質問を受ける立場の議員で、その人間が質問に立つなんてどう考えても変だ。

Next

久しぶりのsin

民主主義国の日本ではあるが国連選挙監視団が最後の選択肢。 結論ありきは野党ではなく、政権の方で、その間の文書も破棄しているのに結論だけは残っているという答弁は、いかにも国民を馬鹿にした話だ。 「根拠はないが結論ありき」の追及と言うが、それ長坂に言ってやれよ。 よって行政官たる検察官と司法府の判事が同一人物であることで当然認識や行動も一致するのだろう、判事であるかのように検察が裁定を下してしまっている。 おそらくは、全般的な暴動が起こることを恐れてのことだ。 だから安倍の"内容の公表は差し控える"ではなく"ヨタ話しかしてないから公表出来ない"... 安倍はこれを拒絶。

Next

菅原に対して「 特捜部、辞職を考慮し起訴猶予」未だ政権とズブズブの東京地検(まるこ姫の独り言) 赤かぶ

なにを、自民党議員だけに考慮することがあるのか。 権力者の出して来たその政策が国民のためになっているかどうかを追及したり、権力が暴走しないようにそれを監視する場だと思っていたが。 古来続いてきた少数による多数を支配するための策略であって、本来はこれを防ぐために民主主義が編み出された。 の中で石破のびっくり顔が見だった。 よくこんなでたらめを、いけしゃあしゃあと言えるものだ。 と、いう訳で次の衆院選まで自民のやりたい放題を止める術がないので ちょっと政治の話題は避けてました。

Next