目途 と 目処。 「目処」「目途」「目安」の意味と違い

「目処」「目途」「目安」の意味と違い

「目処」の方が元から存在した漢字です。 私たちが日常生活の中で耳にする機会はあまりありませんが、政治家の方などが公の場で演説や説明をする際に使われる言葉として一部の方々の中では知られています。 また、「めど」と入力しても漢字変換に「目途(もくと)」が出てくることがありますが、文章を受け取った相手に誤変換だと思われてしまう可能性もあります。 「目途(もくと)」に関するまとめ 「目途(もくと)」は「目処(めど)」とほぼ同じ「目標・目的・めあて」といった意味を持っています。 まとめ 「目処が立つ」は「目処がつく」とほぼ同じ意味で使われ、「目途が立つ」と書くこともできます。 「目途が立つ」とは「目標が立つ」を意味し、「目途を立てる」は「目標を立てる」を意味しています。

Next

目途|読み方・意味・使い方・目処との違い・英語表現などを解説

先方との交渉がきっかけで解決の 見当がつき、やっと予算が認められた。 この例では、目的が明確になっていることが確認できるでしょう。 これだけのスタッフと予算と時間があれば、余裕で 目算が立つ。 ・ ・ ・ ・ ・ 正解は、スィー ザ ライト アット ザ エンド オブ ザ トンネル 『see the light at the end of the tunnel』といいます。 この「ぜいちく」にめどはぎの茎を用いたことから、 「占い」のことを「めど」と呼ぶようになったのです。

Next

目処と目途の違い・意味の違い・どっちを使うべきか使い分け方法

よって、一般的には「目処」の方が使われているわけですね。 「 めど 」 は こうてい じょう の もくひょう を しめし ます が 、 「 もくと 」 は 「 めど 」 の いみ の ほか に 「 もくてき 」 という いみ で も つかわ れ ます。 「目途(もくと)」と「目処(めど)」の違い 冒頭でもご説明した通り「目途」と「目処」はほぼ同じ意味合いを持っています。 「目処」は植物「メドハギ」からきていると言われています。 両者の違いは、大きく分けて2つあると考えて下さい。 ただし、本来の使い方としては 「目処が つく」が正しいです。

Next

目途|読み方・意味・使い方・目処との違い・英語表現などを解説

「メドハギ」はハギ科の雑草で、茎の部分が易で使う筮竹(ぜいちく)の原料となっていました。 「やっと仕事の目処が立ってきた」「資料完成の目処が立った」など、職場でも「目処が立つ」が活躍するシーンはたくさんあるはずです。 しかし、「目途」を「メド」と読む場合は、湯桶 ゆとう 読みとなり、これはそのような読みくせが認められていない以上、不適当であろう。 担当のその表情から先が明るいと 見当がつく。 また、辞書によっては目途と目処は「めど」という項目に一緒に載っていますが、本来は 目途は「もくと」と読み、目処は「めど」と読みます。 目途という言葉は、目処とは違い、目標が見えているだけではなく、そこへ向かう道筋や手法、手段までがわかっている状態を指します。 目当て、目的 「目途(めど)」は 「目標」や「目当て、目的」等の意味を持つ言葉です。

Next

「目処が立つ」の意味は?「目処」と「目途」の違いは何?

・月末の完成を目途としてプロジェクトを進めるように上司から指示を受けた。 目,目立つ,結び目 真面目(まじめ)............ 補足すると、「目処」の方は、 「目処が 立つ」という言い方をする場合もあります。 重い病気なため、復帰の 目処が立っていないです。 目当て• なので、両者を分かりやすくするために、 あえて読み方が区別されていると考えて下さい。 目処の例文と使い方 5.春のバーゲンで買いたいものの目処をつけておく。 大事なメールなので、明日を 目途に返信するように。

Next

「目処」とは?意味や使い方をご紹介

ただ、「目途が立つ」は「目処がつく」から生まれた表現であるため、「目途がつく」と同じく「目途が立つ」も不適切だという意見があります。 「目」は「めじるしとなるもの、しるしとなるもの」を意味します。 物事をはっきりと表現しなくてはならないような場面では、目処ではなく目途とするのが一般的です。 広辞苑にも「もくと」で調べると「目当て。 • 「目処萩」は古来から占いをする際に用いられていたので、「占い」自体を「メド」と呼ぶようになりました。 言いかえれば、 「どちらもひらがなで書くことを推奨する」ということですね。

Next

目処と目途「めど」と「もくと」って読むんですね!両方とも、めど...

一方で、「目途」の方は 「目標」の「目」に「途中」の「途」をつけた当て字です。 しかし、「めど」の語釈中に「もくと」を掲げているものは見当らない。 目の当たり,目深 途........ ぶっちゃけ英語は、学習法しだいで 習得速度が3倍,4倍,5倍・・になることとか 当たり前に起こります。 転じて、「目標・見通し」などの意味を持つ 「めど」が成立したと言われています。 「 湯桶読み」とは、 「 前の字が訓読み・後ろの字が音読みの熟語」のことを指し、 本来の読み方ではない不規則な読み方のことを表します。 関連: 関連: まとめ それでは、今回の内容を下記にまとめておきます。

Next

目処(めど)と目途(もくと)

「目安が立つ」「見込みが立つ」 「目処が立つ」の類語にあたるのは「目安が立つ」「見込みが立つ」「見通しが立つ」「可能性が見えてくる」「目標が見えてくる」などです。 一方で、 「目処」は主に「 見通し」という意味で使うのです。 スポンサーリンク 目途と目処の違い・使い分け ここまでの内容を整理しておくと、 「 目途(もくと・めど)」= 目当て・目的・目標。 元からあった和語。 逆に、「 目途がつく」という言い方は まずしないと思ってもらって結構です。

Next