農林水産省。 農林水産省に関するトピックス:朝日新聞デジタル

農林水産省

バイオマス循環資源課• (財務省と共管、農林漁業金融の関係による) (特別民間法人、計2法人、2020年4月1日現在 )• - チャンネル. 広報評価課• 施設等機関として、植物防疫所、動物検疫所、那覇植物防疫事務所が、特別の機関として、農林水産技術会議が、地方支分部局として、地方農政局(全国7か所。 森林病害虫の駆除及び予防(第60号)• 支所・出張所(法律第9条第2項)• 植物防疫課• に係る漁場の保全及び持続的な養殖生産の確保(第72号)• (国家行政組織法第3条第2項、法律第23条)• (政令第91条)• 地域対策官• 知的財産課• 農業経営の改善及び安定(第25号)• 加盟産別は、前者は(略称:国公連合)、後者は全日本森林関連産業労働組合連合会(森林労連)で、どちらもの構成組織である。 当時の菅直人首相は上告を断念し、この判決が確定。 maff. 穀物課• 農産企画課• 国際機構グループ• 入力に際しては、半角カタカナ、丸囲みの数字、ローマ数字、全角1文字になっている単位記号などのはお使いいただけません。 漁業の指導及び監督(第69号)• 水産資源の保存及び管理(第68号)• 国有林野部• 支所・出張所(法律第11条第2項)• jfa. 消費・安全局長 :• 研究企画課• その他2020年7月9日 認定センターのを更新しました。

Next

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)

農林水産大臣(当時)のの「ネットを使った日本の魅力を若い世代に世界中に発信したい」という発案によるもので、地方農政局職員を含む若手職員14チーム69人が日常業務の一環として発信を続けている。 林野の造林及び治水、林道の開設(第57号)• 農業生産条件に関する不利を補正するための支援(第41号)• 生産流通消費統計課• 「」 最終改正:令和2年3月30日農林水産省令第23号• たとえば、『食料・農業・農村白書』は食料・農業・農村基本法第14条に定められた「食料、農業及び農村の動向並びに政府が食料、農業及び農村に関して講じた施策に関する報告」と「食料、農業及び農村の動向を考慮して講じようとする施策を明らかにした文書」が収録される。 (政令第91条)• 他省庁との共管• 29 2019. 情報の取り扱いについては、「」をご覧ください。 2020年2月3日 2020年2月6日(木)サイトの機能拡張に伴うメンテナンスを実施いたします。 食品流通課• 組織別の内訳は農林水産本省が1兆5,783億592万9千円(全体比約71. 食品流通課• 林野の造林及び治水、林道の開設(第57号)• 都市農村交流課• 詳しくはこちらの資料及びをご覧下さい。 《現場ニーズ対応型研究》 1 2 3 4 5 6 7 8 《基礎的・先導的研究》 9 平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業の公募について(終了しました) 1. 競馬監督課• 1925年4月1日 - 農商務省が分割されて、農林省(第1次)と(第1次)になる。

Next

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)

森林技術総合研修所• 農業環境対策課• 2020年6月1日 6月11日 木 GFPオンラインセミナーfrom大阪開催! コロナに負けない食品輸出をコンセプトとして大阪にてGFPオンラインセミナーを開催します。 畜産部• 総務課• 森林・林業白書と水産白書も同様である。 。 13 2019. 主要食糧の輸入に係る納付金の徴収(第52号)• のは農林省畜産局馬産課設置に伴い、廃止。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 国家行政組織法第3条2項に基づき、農林水産省設置法によって設置された国の行政機関。

Next

平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業について:農林水産技術会議

整備部• 総務課• 歳入予算の合計は4,490億1,167万円である。 の防除及び振興(第39号)• 総務課• 神戸植物防疫所(省令第65条)• 農漁業保険審査会(、法律第6条第2項)• 総括審議官 : 浅川京子• 2020年4月7日閲覧。 (法律第8条第1項)• 飲食料品及び油脂(第6号)• 定期刊行の広報誌としては、農林水産本省の「aff(あふ)」、林野庁の「林野」、水産庁の「漁政の窓」がそれぞれ月刊で刊行されている。 農業機械化の促進(第23号)• 1925年が,商工省に分離して設置され,1943年に農商省,1945年に再び省となり,1978年農林水産省とされた。 1949年6月1日 - 農林省官制(昭和18年勅令第821号)等に基づく農林省が廃止され、農林省設置法(昭和24年法律第153号)に基づく農林省となる。 これは「農林水産物・食品の輸出拡大に向けた輸出先国の規制への対応を強化するため」のもので、食料産業局輸出促進課に16人及び水産庁加工流通課に4人が配置され、食料産業局輸出促進課に、増員された要員を中心とした「輸出対策強化特別チーム」が創設された。 07 2020. 農林水産本省検査指導機関 - 1,688人• rinya. 地域作物課• 経営局長 : 横山紳• 消費者行政・食育課• 「(令和元年7月1日現在)• 門司植物防疫所(省令第65条)• 漁業の指導及び監督(第69号)• 那覇植物防疫事務所(法律第8条第2項)• 2050年、1億人近くまで人口減少に突入する日本。

Next

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)

幹部職員 [ ] 一般職の幹部は以下のとおりである。 地方農政局 - 8,462人• その他2020年7月14日 [行事・講習会等]にを掲載しました。 農薬2020年7月16日 を更新しました。 の改良及び増殖並びに取引(第17号)• 金融調整課• 穀物課• 単独所管(2法人)• 総務省. 肥料、農機具、農薬、飼料その他の農畜産業専用物品(第22号)• )を利用して電子申請を行ってください。 また、これらの報告書・文書は対応するの意見を聴いて作成しなければならず、食料・農業・農村は食料・農業・農村政策審議会が、森林・林業は林政審議会が、水産は水産政策審議会がの役割を担う。 (政令第87条)• 知的財産課• 1963年1月20日 - 農林省設置法の一部を改正する法律 昭和38年1月16日法律第1号 により水産庁設置法 昭和23年7月1日法律第78号 が廃止され、水産庁の設置規定は、農林省設置法に規定された。 バイオマス循環資源課• 資源管理部長 : 藤田仁司• ご応募ありがとうございました。

Next

農林水産省に関するトピックス:朝日新聞デジタル

農林水産省総合窓口 農林水産省では、国民の皆様から、食料、農林水産業、農山漁村に関する幅広いご意見、ご質問等をうけたまわっています。 水産政策審議会• 漁港漁場整備部長 : 山本竜太郎 注釈 [ ]• 検査・監察部長 : 德田正一• 今後、予算成立までの過程で応募要領等に変更等があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。 2019年3月31日現在、に登録された職員団体の数は単一体2、支部197となっている。 林政審議会• 水産庁長官 :• 農村計画課•。 企画課• 地域整備課• 水資源課• 01 2019. 農産物検査法の規定による農産物の検査(第55号)• 農林水産植物の品種登録(第16号)• 飼料課• 外部リンク [編集 ]• 農地の保全に係る海岸の管理(第47号)• の行う資金の貸付け(第79号)• 省の公式チャンネルとして「maffchannel」を有しており、大臣記者会見などを流しているが、これと別に「食、地方の魅力を伝える発信プロジェクト」としてYouTubeチャンネル「」(ばずまふ)を2020年1月7日に立ち上げた。

Next