ダニ オルモ。 「久保建英は本当に良い子」。ダニ・オルモが語るバルセロナ下部組織の思い出【インタビュー第3回】

“ラングニックシステム”がダニ オルモを躍動させる

同選手はさらに「ディレクターのマルクス クレーシェやユリアン ナーゲルスマン監督と話をしてライプツィヒを選んだんだ。 1つ目はバルセロナ育ちの高いドリブル技術です。 バルサが本気でオルモを獲得したいのであれば、この金額を投じなければならないだろう。 直後にようやくヴェルナーが枠内シュートを浴びせたが、GKビュルキにセーブされた。 RBライプツィヒでも今後の活躍が期待されます。 例えばユナイテッドは2度にわたりスカウトマンを送り、オルモを観察している。 また、とても落ち着いているのも魅力の一つです。

Next

ダニ・オルモってどんな選手?生い立ちやプレースタイルを徹底解説【RBライプツィヒ】|yasublog

一方のヴォルフは、25日に以前の骨折治療で埋め込んでいた金属プレートとネジを除去する手術を受けたとのこと。 「彼 ヴェルナー はディフェンダーにとって本当に大きな脅威だ」 「RBライプツィヒはよりカウンターアタックを志向するチームだけど、守備ラインを脅かすという点で、彼はヴァーディに似ている。 1月25日に5年契約を結んだ。 21 02:02 Sun チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがRBライプツィヒから加入するドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの加入に言及した。 文=遠藤孝輔. ダニ・オルモのプレイスタイル・魅力 彼は非常に万能的なMFでバルサらしい選手です。 ぜひバルサに帰ってきて、活躍してほしいです。 古巣であるバルセロナなどからの興味も伝えられる中、21歳のオルモを手中に収めたのは、現在ブンデスリーガで首位につけるライプツィヒだった。

Next

ダニ・オルモ「チームが若く方向性も明確だった」今冬ライプツィヒ入り決断の理由を明かす

ディナモ・ザグレブでは順調にステップアップを続け、 2018-19シーズンはクロアチアリーグの年間最優秀に選出されるなど素晴らしい活躍を見せました。 ナーゲルスマン監督も、「ダニにとってはもちろん素晴らしいことだった。 このクラブに加わるべきだと確信したんだ」 「ライプツィヒは若手を軸にしたプロジェクトを進めていて、その方向性も明確なものがあった。 本名:ダニエル:オルモ・カルバハル• ライプツィヒは僕にとって第二のホームになっているよ」 「長期に渡るケガにもかかわらず、クラブはこれからも一緒に戦っていきたいと僕にシグナルをくれた。 アーセナル時代のように、チャンスを掴むために必死で戦いたい。 2017年にレバークーゼンから加入したカンプルは、在籍3シーズンで公式戦85試合に出場するなど主力として活躍。

Next

【ウイイレアプリ2020】ダニ・オルモの評価とレベルマックス能力値

移籍金は2000万ユーロ(約24億円)+ボーナス500万ユーロ(約6億円)とみられている。 — 2020年 1月月26日午前2時28分PST RBライプツィヒは10年前までドイツ5部リーグだったチームで、 レッドブルが買収した後に力をつけ始めたクラブになります。 そして2020年1月にはドイツの強豪RBライプツィヒへの移籍が決定。 バルセロナの下部組織出身であるオルモは、2014年夏にディナモ・ザグレブ入り。 自身のプレースタイルから、プレミアリーグかブンデスリーガでのプレーを希望しているとされるオルモ。 [] — Cannon Insider CannonInsider もしかしたら彼女よりもサッカーに 集中をしたいのかもしれませんね。

Next

Bundesliga

背番号:7• チェルシーは18日、ライプツィヒのエースとして通算93ゴール40アシストの数字を誇り、今夏の人気銘柄として動向に注目を集めたヴェルナーとの加入合意を発表。 ちなみに彼はクロアチア語をとても流暢に話せるらしいのでそれもクロアチアで活躍できた理由の一つだと思います。 次は来夏に五輪が控えている。 インサイドハーフとして主力に定着。 ライプツィヒで新たなキャリアをスタートさせるダニ・オルモはクラブ公式サイトを通じて「もちろん、ライプツィヒの近年における成功を知っている。 「クラブを去りそうだったが、本心はそうしたくなかった。

Next

超新星ダニ・オルモ、ライプツィヒ移籍決定! 契約期間は2024年まで【超ワールドサッカー】

今後交渉を続けるにあたってのバルサの利点は、現在でもオルモが本質的にFCバルセロナのDNAを持つ選手であるという事だ。 彼のキャリアを考えると若手を積極的に起用するこのチームへの移籍は正解だったと言えます。 3位でのフィニッシュを目指すチームは、27日に今季のリーグ最終戦で前節ブンデス残留を決めた15位アウグスブルクと対戦する。 彼とはたくさん会話をしたなあ。 U- 23スペイン代表。 さらに24分にもフンメルスの絶妙なロングフィードからT・アザールがGK強襲のシュートを放ったドルトムントは30分に先制する。 ホッフェンハイムは前半6分にPKを与えられるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定により無効に。

Next