俺ガイル ss。 【俺ガイル】八幡「葉山がウザい」|エレファント速報:SSまとめブログ

俺ガイルおすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

そして一色と同じように壁を背にして立ち深々と深呼吸をすると、まるで気合を入れるかのように自分の頬を両手でペチペチと叩いた。 「んなことねぇよ。 平塚「…それにしても、思いのほか壁ドンというものは難しいものなのだな」 握り締めた拳をしげしげと見つめながら、何が違うのだろう、といった感じで溜息を吐く。 でも前半のそれ、いらなくね? 八幡「なら、材木座のヤツ召喚…じゃなかった…紹介やろうか?あいつなら四六時中ヒマしてるから呼べばすぐに来ると思うぜ?」 一色「は?ざい…?なんですかそれ、産廃?」材木座と聞いて、面識のない一色が戸惑いの表情を浮かべる。 俺ガイル社会人編です。 もういいんじゃね?」 正直、俺、早くおうち帰りたいんですけど。 おお、さすがはクール・ビューティー雪ノ下さん!そこにシビれる憧れるぅ! 雪乃「…………でも、奉仕部に対する依頼、ということであれば致し方ないわね。

Next

PC生活: ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-クロス=ワールドトリガー)

2019年12月02日 19:32• ボーダーに入った八幡は、ソロで活動している。 615• 人物像 亜麻色の髪 地毛? をしたゆるふわビッチ系の美少女で、良くも悪くも自分が可愛いことを理解している的な性格の持ち主。 八幡「最近いろはが好き過ぎてヤバい」いろは「へぇ」短編• あまりにも戸部がうるさいので、葉山グループの方を見やる。 八幡「…お、おう、そうか…その、さんきゅーな」 雪ノ下の態度に釈然としないものを感じながらも、一応、礼を言ってから、仄かに彼女の移り香のするブレザーに袖を通す。 人は無力だ。 少なくとも今週はかけません。

Next

【俺ガイルSS・小町】比企谷八幡「その後」

「ああ、まあな」 小町が少し視線を下げて言った。 雪乃「そうね。 一色「実はちょうど私もいつ葉山先輩から壁ドンされても舞い上がらないように、少し慣れておいた方がいいかなって考えていたところなんです」 ぬけぬけと言ってのけるその心臓には呆れるのを通り越して感心してもいいくらいなのだが、やはりどう考えても呆れる以外の選択肢が思い浮かばない。 何を考えてたんですか?」 八幡「…いろは」 いろは「はい?」 八幡「突然で悪いんだけど、陽乃さんってどう思う?」 いろは「どうって……ん〜デスマスク?」 八幡「いや、そういう事じゃなくて…聞き方変えるな。 続編もあります。

Next

いろは「私の先輩に触らないで!」 ※ヤンデレ

42 ID:fXDvOLLe0 一色「でも、壁ドンに関して言えば、確かに先輩の意見にも一理あるかも知れませんね」一色が何事か考えるかのように人差し指を頬に当てる。 陽の光を浴びて輝く漆黒の黒髪とその髪と同じくらい深く濃い色を湛えた美しい瞳、瞬く長い睫毛。 でも、ゆきのんとガハマさんが好きな方はバックをお願いします。 美味しかった。 ごめんなさいね」 八幡「普通に謝るなよ。 八幡が商社に勤めているとか本当にハイスペックだなおまえ。 38 ID:8WS3sg8r0 平塚「…………チッ。

Next

いろは「私の先輩に触らないで!」 ※ヤンデレ

不思議だね」 八幡「……」 陽乃「あっ、もう、そんな目で見て!えっち!」 八幡「見てませんから。 さくっと可愛い短編SSです。 これは、大事な存在を失った1人の少年と、その少年に手を差し伸べる1人の少女の物語。 不本意ながらも重なり合ったままの俺達に向けたその目が微かに揺れ動いているのが見えたが、髪に気をとられている雪ノ下の方はその表情の変化にまるで気がついていない。 そんな事はできないし、何よりそれは自分の選択に対する冒涜である。 とつかわいい。

Next

【俺ガイルSS・小町】比企谷八幡「その後」

八幡「…つか、まだやんのかよ。 設定が一捻り。 「え?」「お?」 なにこれ?なんか超やわらかいんですけど?……………もみもみ。 じゃあ早速部屋に案内するね」 めぐり「いろはちゃんが、向かって右側の部屋。 今行くから• 別にクロスオーバー作品ではなく、中の人つながりの折本もので、中身は程よいイチャイチャもので、こういう世界線もありかな、と思わされます。 慣れない手つきで、古くなったせいか少し強情になった鍵に暫く手こずりながらも、ようやく鍵を掛け終える。 材木座「…い、いや、たまたまこの近くを通りかかったら、お主からの着信に気が付いたもので…」 八幡「言い訳すんじゃねぇっ!」ゲシゲシッ 材木座「ひぃっ!な、なんと無体な仕打ちっ?!」 一色「あのー…先輩、お取込み中スミマセン…それ、もしかして…?」一色が恐る恐る俺に声をかけて来た。

Next

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

私事ですが、めちゃくちゃ傷つきました• 確かこいつらさっきまで「寒いからシチューが美味しい季節になったね」とか「余ったシチューは焼きシチューにするといいらしいですよ」なんて言いながら料理の話で盛り上がってなかったっけ? おいおい、もしかして焼きシチューが萌えシチュになって壁ドンって、いくらなんでも自由すぎだろ。 2019年12月09日 10:11• 八幡がそこの左の部屋で私と。 どうしてもやりたんだったら、他当たれ、他」 一色「えー、そんな事言われても私、先輩の他にこんなこと頼めそうなキモい男子に心当たりないですし…」 八幡「ちょっと待て、お前、今、俺のことつかまえてさらりとキモいとか言わなかった?」 一色「あ、ごめんなさい。 私はあなたが全てだから」 陽乃「誰もわかってくれない孤独の中で貴方だけが分かってくれた……もう孤独は嫌…」 八幡「………」 ギュッ 陽乃「……え?」 めぐり「…」ギュッ 陽乃「めぐり…なんで…」 めぐり「もういいんです。 恐縮ですが指摘させてもらいます。 八幡「や、ちょ、お前ら、嫌なら別に無理して引き受けなくたって…」 結衣「あ、ほらほらっ!ヒッキー、早くするしっ!さっきからいろはちゃんがずっと待ってるんだから!」 雪乃「比企谷くん、さっさとなさい。

Next