スクランプ シャス。 デコボコのおへそ ― 「スクランプシャス」主宰・中山ヤンさん、ノリミさん vol.2

イベント・ワークショップ

驚くほど細かなギャザーや、ほつれることのない短いスパンの糸目など、大量生産とは真逆のスタイルを貫く。 アンティークショップからオリジナルの服づくりへ 肘から袖口にかけてたっぷりとギャザーの寄ったインディゴ染めのワンピース。 村上さんを除いて初対面の方ばかりでしたが、 デザートが運ばれてくるころにはみなさんリラックスして お話が弾みました。 真鶴半島の先端に位置するお林は、数百種類の植物と野鳥が生息する原生林。 玄関を上がってすぐ左の階段を上ると、正面には海を望む大きな窓があり、中央の長テーブルを囲むように服や小物がディスプレイされている。

Next

スクランプシャスのワンピース☆|Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜|Paris|madame www.netveda.com(フィガロジャポン)

5ミリなんです。 お母さんがショートステイを利用する日に「どこかに行こう!」と、 あてもなくとにかく西へ、西へと車を走らせた。 「何で真鶴に行っちゃうの?」という疑問、 「大丈夫? やっていけるの?」という心配。 5cm (多少の誤差はご了承ください) 素材:麻100% デザイン:SCRUMPCIOUSのリネンノースリプルオーバーです。 光に透かして見ると、石の切り絵はとても手がこんでいることがわかります。 在庫数の更新は随時おこなっておりますが、ご注文商品が入れ違いで品切れになってしまう場合がございますことあらかじめご了承ください。

Next

【神奈川県】真鶴の高台のアトリエから。〈スクランプシャス〉の細やかな洋服づくり|真鶴半島イトナミ美術館(コロカル)

遠くからいらした方に例のごとく「」を強くお勧め。 製造元が定めたカラー名と異なることもあります。 「Rubus. 会期中は香りのワークショップが催されるそうです。 シラガシとお聞きしました。 あ~、至福の時。

Next

【神奈川県】真鶴の高台のアトリエから。〈スクランプシャス〉の細やかな洋服づくり|真鶴半島イトナミ美術館(コロカル)

人が集うことで知恵や技術を自然と教えたり、 教えられたりする空気感をつくりたいとも。 今回「Scrumpcious love family christmas」では、スクランプシャスが生み出してきた手仕事のなかでも「isepo(イセポー)」を中心にご紹介します。 その場でお持ち帰りできるものもありますが、基本的にはオーダー頂いてから、 そのひとつひとつを手作りで仕上げていくというスタイルです。 あくまで目安としてご参考ください。 まずはいただいたワンピースの綺麗な藍染めに感心し、手に取るなり丁寧に作られた感が伝わってきました。 5cm, 身幅52cm, 着丈53. 「この小さなまちがすごく愛しく感じちゃったんですよね。

Next

大好きなブランド「スクランプシャス」の出張ストア

自分たちでもできる壁塗りや床貼りは業者を入れずに進めて、あとは草との戦いなので、私が通っている型染め工房の先生や、大切な友人たちが月に1回集まってくれて草刈りをしてくれています。 2人の方がとても興味を持ってその場で検索して下さって とても嬉しかったです。 過去に縛られず、常に未来を信じ、突き進むふたりのあり方が、 まちやものづくりにおいての経験という垣根を気持ちよく取り払っていく。 「僕がパターン引きや縫い物といった実作業を担当して、事務的なことと人とのセッションは嫁に任せています。 でも、土地を買って土台をしっかり整えるところで予算が尽きてしまってなかなか進まず(笑)。

Next

真鶴の高台のアトリエから。〈スクランプシャス〉の細やかな洋服づくり|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

この時期ならではのカボチャのプリンです。 素敵なプレゼントをくださったNYご夫妻に感謝! 大切に長く着ます。 これはぜひ観てみたいですね。 気になる中身はこちらです。 中山靖さん、則美さん夫妻が手がける〈スクランプシャス〉の洋服は、 神奈川県の南西部、真鶴の高台にあるアトリエから生まれる。

Next

春を待っていたスクランプシャス☆|Comme d'habitude 〜パリ・東京行ったり来たりblog〜|Paris|madame www.netveda.com(フィガロジャポン)

教えて下さる落合ルミさん <しめ縄でお飾り> <グリーンのスワッグでクリスマスもお飾りも>のどちらかを選んで。 後ろの襟にボタンはポツンと小さくひとつ。 基本的には一点一点受注生産の全て手作りの洋服。 いつになるのか、と笑っていました。 とてもシャイで物静かなやんのりさん。 フロントは目の粗いシャリ感のある生地を使用し、バックは目が細かい生地を使用し、裾はカットオフ仕様になっています。

Next

真鶴の高台のアトリエから。〈スクランプシャス〉の細やかな洋服づくり|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

「田舎も好きだけれど、東京も好き」「東京とはつながっていたかった」 ふたりにとって、思いたったときに東京まで足を延ばせる距離に暮らすことはとても重要だった。 再開時期はでご確認ください。 【状態】こちらの商品は中古品の為、使用に伴います細かなキズ、汚れがある場合がございます。 自分が若い頃は、何でもすぐ欲しい!すぐ着たい!という、 強欲なライフスタイル? 12月1日から始まった濱田久美子さんの切り絵の展示へ。 床を開けたらシロアリで基礎がボロボロだったり、 イメージしていたのとは違って、まずやらなくちゃいけないことがいっぱいあります。

Next