キャサリン オブ アラゴン。 ヘンリー8世妃アン・オブ・クレーヴズ(アンナ・フォン・クレーフェ)が着る1530年代のハイ・ファッション

<閲覧注意>史上最も残虐非道な女性ランキング

ジェーン・シーモア (結婚期間16ヵ月) 次に紹介するのが、 ついに唯一の後継者を男児を出産した ジェーン・シーモアです。 ()(2015-16年)• 他の王妃たちは生存していたことから、ジェーンしかいなかったと考えられます。 もう嫌な予感しかしません• 1533年にアン妃と結婚しその年にはのちの エリザベスを出産します。 4番目の妻アン・オブ・クレーブズ ホルバインが描いた肖像画を気に入り、遠距離結婚するが、実物を見て気に入らず、即離縁した。 ヘンリー8世に見初められた際も、国王の愛人に甘んじた実姉のメアリーのようになるのはまっぴら、と確固たる信念を持っていた。

Next

ヘンリー8世、6人の妻たちの愛憎劇

なによりも、彼女はもう安全だった。 すでにイングランドにあったカトリック教会の土地と資産を取り押さえました。 - (英語)• () リカーリング [ ]• アンは男子を身籠もるも流産。 ホルバインが見合い用に描いた肖像画 5番目の妻キャサリン・ハワード アン・ブーリンの従姉妹。 彼らは、のちにエリザベスの側近となる。

Next

ヘンリー8世、6人の妻たちの愛憎劇

の落胆は続き、強気の性格だったアンは、先の妃キャサリンの娘を自分の娘の侍女として扱おうとしたのです。 (英語)• 義理の姉との結婚は近親婚として認められていなかったのですが、当時ローマ教皇は敵対していたフランスの敵であったイングランドに貸しを作るために特別に結婚を認めました。 指 昭博 著 『 図解イギリスの歴史(ふくろうの本)』• 遺体は同城に程近いピーターバラ大聖堂へ運ばれ、埋葬された。 当時の肖像画が全てだったので、うきうきしていたヘンリー8世を思うと少し可哀想かもしれないですね。 ウォリック伯(のちのノーサンバランド公 ジョン・ダドリー)は、政敵サマセット公 エドワード・シーモア(エドワード6世の母ジェーン・シーモアの兄)に反逆の汚名を着せ処刑した後、息子ギルフォード・ダドリーとジェーンを結婚させた。 そして結婚から2年後、アンは反逆罪の汚名を着せられて1536年5月19日、ロンドン塔にて斬首に処せられて最期を迎えました。 なかなか孤独なドライブでした。

Next

ヘンリー8世妃アン・オブ・クレーヴズ(アンナ・フォン・クレーフェ)が着る1530年代のハイ・ファッション

キャサリン・バー 引用元: ヘンリー8世と結婚するまえに3番目のジェーン王妃の兄と交際していたが、ヘンリー8世が交際相手を ブリュッセルに追放しプロポーズし1543年に結婚します。 画像をみるかぎり6人も妃をとれるほどイケメンとは言い難いのですが・・・しかし一生のうちで6人もの女性と結婚できるなんてとてもエネルギッシュな人だったのですね。 当時アン妃は 他に恋愛関係となる人物がいて、ヘンリー8世の側近により強引に恋愛関係を引き裂かれ、1525年にはヘンリーと同居することになりました。 クレーフェ公女アン 1539年、ホルバインはクレーフェ公女アンのを描きます。 (処罰されなかったということは、彼が描いたはアン本人とそれほど大きくかけ離れてはいないのではないかとする考え方もあるようです。

Next

<閲覧注意>史上最も残虐非道な女性ランキング

(2013年)• 『英国王妃物語』 森護(著) 選書• 1547年1月28日にが55歳で崩御すると、以前の交際相手だったトマス・シーモアと再婚します。 この王女がのちにバージンクイーンと呼ばれた名君の誉高いエリザベス1世です。 (2015-18年)• 彼女を「フランドルの雌ロバ」と罵りますが、まさかはるばるやって来た花嫁を不美人との理由で帰すわけにも行きません。 51 キャサリン・オブ・アラゴン Peterborough Cathedral Minster Precincts, Peterborough PE1 1XS ヘンリー8世の最初の妻キャサリン・オブ・アラゴンは1485年、スペイン王の長女として誕生。 を始め、妃、側近らのを描いたドイツ出身の画家ハンス・ホルバイン(1497年頃ー1543年)は、王の「花嫁候補」のを描くため、各地の宮廷を訪れます。 【参考】トマス・モア トマス・モア( Thomas More、1478 — 1535)は、イングランドの法律家、思想家。

Next

ヘンリー8世妃アン・オブ・クレーヴズ(アンナ・フォン・クレーフェ)が着る1530年代のハイ・ファッション

常に若い女性の侍女が多いことから、ついつい愛人を作ってしまったかもしれないですね。 本 来であれば、持参金を持たせスペインに戻る予定でしたが、ヘンリーの父親ヘンリー7世が持参金の出し惜しみの為、ヘンリー8世へ嫁がせました。 「アンナの鼻が、実際はもう少し長かった」とか、「相当な大女」だったとか、「体臭がきつかった」とか、「老け顔」だったとか。 (『名画の秘めごと 男と女の愛の美術史』 P25) ヘンリーは、妻や恋人としてでなければ、性格も良く、自分に従順なアンを好きだったようです。 しかし、陰謀を察知したメアリはすでに逃亡しており、身柄を拘束できなかった。 チューダー王家2代目は兄アーサー(アーサー王にちなんで名付けられた)が継ぐはずだったのですが若くして病死してしまったために次男ヘンリーに白羽の矢が当たりました。 「王の妹」(the King's Beloved Sister)との称号や年金を得て、その後もに留まりました。

Next

<閲覧注意>史上最も残虐非道な女性ランキング

その後も死ぬまで離婚を認めず、監禁生活に近い状態ながらイングランドにとどまった。 高い教養を兼ね備えた信頼出来る女性でした。 ()(2015年)• 当時アン・ブーリンの呪いだと噂がたったのは肯けます。 男児も生まれて国も安泰していくと思ったヘンリー8世は安堵から突き落とされ、6人の妻の中で本当に愛した妻なのかもしれないですね。 キャサリン・パーは勉強熱心で知性豊かな女性だったので、夫の死後は、その知性を買われてヘンリー8世の息子エドワードの教育係に抜擢され宮廷に赴きます。 1548年8月30日には、女子を出産するが、それから1週間もたたぬうちに逝去した。

Next