桜を見る会 告発。 <桜を見る会>安倍告発を受理すらしない東京地検 黒川氏の意向か? 「告発権の侵害だ」と専門家憤る(アジアプレス・ネットワーク)

憲法学者ら安倍首相を「背任罪」で告発 告発状全文公開 | 週刊金曜日オンライン

告発の賛同者を募っていた。 税金で飲み食いをさせるということがあってよいのか。 そうすると、仮に1人5000円でちょうど宴会代金総額を満たすと計算していても、当日になって参加者が減少した場合の補填は後援会が行わなくてはならない。 法務検察サイドとしてはタイムリミットまで何とか無難に過ごして1歳下の林氏を検事総長にしたい。 「桜を見る会」をめぐっては、首相の後援会が前日に主催した夕食会について、662人の弁護士や学者が今月21日、公職選挙法違反などの疑いで首相らに対する告発状を地検に提出している。

Next

「桜を見る会」問題で「検察が動かない」理由~「詰んでいる」のは安倍首相の「説明」(郷原信郎)

弁護士に代理人になってもらうために委任状を書き、多くの政治家・大臣らを刑事告発してきました。 告発受理を目指す決意をこう述べる。 その黒川氏の直接、または間接的な意向の影響なのか、 さもなければ、東京地検特捜部内の「第二の黒川」が、安倍首相のために極めて政治的な判断をしたのか、いずれかだと思えてなりません。 このことは、被告発人安倍と被告発人配川が、被告発人阿立に収支不記載の判断を伝えてこれを実行させ、この判断が以後毎年、被告発人阿立を拘束してきたものと考えられる。 告発状によると、2018年4月に東京都内のホテルで行われたこの夕食会の飲食費は少なくとも1人1万1000円程度だったのに、首相側は参加費を5000円ずつしか取らず差額分を負担し、約800人分の参加費計約400万円の収支を政治資金収支報告書に記載しなかったなどとしている。 これは、毎年、「安倍事務所」が、都内観光や「前夜祭」という「安倍晋三後援会」の行事とセットにして、国の行事である「桜を見る会」への参加を後援会員に無差別に呼びかけ、応募してきた後援会員やその家族、知人らがほぼ全員「桜を見る会」に招待されるというシステムによるものである。

Next

<桜を見る会>安倍告発を受理すらしない東京地検 黒川氏の意向か? 「告発権の侵害だ」と専門家憤る(アジアプレス・ネットワーク)

だが、上脇博之教授らは、これまで「森友問題」で財務官僚の佐川宣寿氏を公用文書等毀棄罪等で、 2019年には河井案里・克行両議員(自民)を公職選挙法違反(多数人買収罪)で告発し、後に捜査が始まっている。 私は、桜を見る会には問題があると思いますが、そもそも告発もすんなり検察に受理されない可能性がありますね」 ただ、若狭氏は、さらに大きな事件として立件できる可能性は残っていると指摘した。 経済ニュース深読み 伊藤博敏(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus いまの状況って、日本で頻繁に政権交代が起きていないがために起きていると言っても過言ではないんじゃないかな。 公職選挙法上、「寄附」とは、「金銭、物品その他の財産上の利益の供与又は交付」を指す(同法179条2項)。 もうひとつは会の前日、ホテルニューオータニで開催された前夜祭において、参加者1人当たり5000円を徴収しながら政治資金として報告せず、政治資金規正法第12条などに抵触するというもの。 (保坂知晃). いずれにしても、若狭氏は、「検察が立件するのは、そんなに簡単ではありませんね」と話している。

Next

桜見る会めぐり安倍首相を刑事告発 弁護士ら600人超:朝日新聞デジタル

従って、後援会からホテルニューオータニ東京に対して支払われた宴会代金は後援会の「支出」に該当し、参加者から徴収した参加費の合計額は後援会の「収入」に該当する。 」との発言の趣旨だ。 4 「支出」について ここに、2015(平成27)年10月にホテルニューオータニ東京で開催された約860名規模のパーティについての、「確認書」、2種類の「見積書」、「宴会・催事規約」がある。 元ヤクザであることは町の人間なら誰もが知っている。 また、その前日に安倍晋三後援会が主催して高級ホテルにおいて800人規模で開催された「前夜祭」についても、その収支報告を行わず、かつ、ホテルの正規の費用を大幅に下回る会費で実施されていたことが、政治資金規正法・公職選挙法に違反するとの指摘がなされていました。 検察は今、つらい選択を迫られている。

Next

「民主政治を踏みにじる犯罪だ」 有志の弁護士ら662人、安倍首相を刑事告発 「桜を見る会」めぐり

これらの罪はいわゆる真正身分犯であるが、その共犯には刑法65条1項が適用され、共同正犯を含めて全ての共犯形式が成立するものと解されており、例えば公務員でない者も収賄罪の共同正犯となる。 もちろん、政治家と癒着せず、政治家の言いなりにならず、官僚として当然の仕事をしていれば、政権交代が起きても何ら問題はない。 そこで小野寺弁護士が強調したのは、「桜を見る会」の本質は、単なる政治的、道義的責任の問題ではなく、総理の「犯罪」であるということだ。 検察としても受理して捜査せざるを得ないでしょう」 こう語るのは、11月20日、首相を被告発人として刑事告発を行った「税金私物化を許さない市民の会」の代理人・山下幸夫弁護士である。 (1)公職の候補者等が行う寄附の脱法行為である 前夜祭の案内状は、後援会ではなく、「安倍晋三事務所」名義で送られている。 本告発にかかる事実につき、捜査当局が公正かつ厳正な捜査を行い、事案の真相を解明し、被告発人らが厳重に処罰されることを強く希望する。 だが、今回は安倍氏と安倍晋三後援会が公職選挙法と政治資金規正法違反に問われている。

Next

安倍総理「桜を見る会」前夜祭問題の「生贄」にされた政治家たち

告発人の上脇教授は「法令遵守しないといけない立場にある者が国の予算を私物化し、自分や政治団体の利益のために使ったとなると見過ごすわけにはいかない」とし、「きちんと責任をとってもらう。 安倍晋三首相らに対する告発状を提出するため、東京地検に向かう弁護士ら=21日午前、東京・霞が関 安倍晋三首相の後援会が「桜を見る会」前夜に催した夕食会をめぐり、全国の弁護士や法学者ら662人が21日、公選法(寄付行為)と政治資金規正法に違反した疑いで、安倍首相と後援会幹部2人の計3人の告発状を東京地検に提出した。 仮に、上記5000円の領収証をホテルニューオータニが発行していたとしても、前述の「4 『支払』について」のとおり、宴会代金の支払義務を負うのは後援会であるから、本来は後援会が個々の参加者に対して5000円の領収証を発行すべきところ、ホテルニューオータニが後援会の便宜を計り、後援会に代わって個々の参加者らに対し、領収証を発行したものとしか考えられない。 同会共同代表の小野寺義象弁護士が1月23日、第28回目の「桜を見る会」野党追及本部ヒアリングに出席して、告発の理由を詳しく説明した。 総理の職務権限はオールマイティですので、ホテルへの何らかの許認可が絡んでいるかがポイントになると思います」 もっとも、こうした事実は確認されていない。 すっかり行き詰まった戦後社会の打開を求める幾千万大衆の願いを結びつけて力にしていくために、全国的な読者網、通信網を広げる努力を強めています。

Next

「民主政治を踏みにじる犯罪だ」 有志の弁護士ら662人、安倍首相を刑事告発 「桜を見る会」めぐり

告発後、多くの方から共感と激励の言葉を頂き、感謝しております。 いずれにしても、悪質な嫌がらせであり、国民の告発権の侵害です」 上脇教授らは告発をあきらめたわけではない。 桜を見る会の概要 ・主催 内閣総理大臣 ・目的 各業界で功績、功労のあった人物を招待し、日頃の労苦を慰労する ・開催時期 八重桜が見ごろになる4月中旬頃 ・開催場所 新宿御苑 筆者もそんなに昔から開催されていた行事だとは知りませんでした。 第二次安倍内閣になり、 安倍晋三後援会員らも招待したため、過去5年間で1億5千万円超も予算超過した。 従って、仮に後援会がホテルに正規の代金を支払ったのであれば、後援会の支出額は、参加者からの収入額と大きく乖離することになる。 退職金なし、天下り先なし。

Next