ハイキュー 月島 夢 小説。 菅原兄妹の日常。【ハイキュー!!】

月島兄妹の日常。【ハイキュー!!】

友達と男子の会話になると必ず名前がでてくるほどには人気があるが、入学当初から一切の告白を受け入れていないようだ。 「・・・天童は俺がずっとマーキングをして守ってきた」 「それはドーモォ。 でも櫻井って人はサッカー部のイケメンってことしか知らないからなぁ」 「それが答えだよ。 【ハイキュー】俺の傍にお前はいない。 「アンタ、オメガだったんだァ」 「はっ、はっ、」 体が熱くて息が上がって返事も出来ない。 アルファのフェロモンで室内を荒らす二人を無理矢理引きはがして試合が始まった。

Next

ハイキュー!!だって大好きなんだもん?

』 僕は言葉が出なかった。 しかし、浴衣を着ているので上手く足にはることができずどうしようか悩んでいると、月島がたこ焼きを2個持って帰ってきた。 月島はアルファからオメガになったからと発情期について以外何も知らないことをそろそろ改めようと思った。 というわけで、ふか子(妻など)が読んだ ハイキューのおすすめ小説・夢小説をまとめて紹介していきます! 目次• 黒尾くんが意外と控えめにスマートにアピールしてくるのも良かったです。 告白宣言 タイトル 話数 11話 ジャンル 恋愛 烏野高校 こんな人にオススメ 日向 影山 菅原 推し こんなおはなし まだ未完ですが、素直でストレートな言葉と態度で主人公に好意を示す影山君がいじらしくて胸キュンさせられます。 過ぎ去った青春のときめきをもう一度。 みんなと一緒に成長する。

Next

#ハイキュー!! #夢小説 【HQ】月島と夏祭り【夢小説】

よかったら俺と付き合ってくれない…かな』 少し緊張した面持ちでそう言われた。 次はないわよ」 女王然と人差し指で月島の唇を突いた荒北はそれだけ言って自分の席に戻った。 忘れ物でもしたのか、彼はツカツカとこちらに向かって歩いてくる。 また、過激な内容を含みますので、性描写が苦手な方もご注意ください。 機嫌を損ねただろうか。 「あんたは僕と付き合ってくれたりしないわけ?」 不敵な笑みをうかべてこっちを見ている月島。

Next

月島兄妹の日常。【ハイキュー!!】

主人公のことを考えながら強引ではなく、程よく距離を詰めつつ心に入り込む西谷が大好きです。 27 公開開始 できたて。 ・・・それより、だいぶ分かったわ。 烏野中心に他校にも手を出します。 胡麻油の消費手伝って」 「・・・あざす」 アルファがスルーするなら誰も否はない。 告白してたのは彼の方。 『お前今笑っただろ。

Next

菅原兄妹の日常。【ハイキュー!!】

体格も頭の回転も変化なかったので薬を飲めば誰にもバレないのを良いことに調べもしない。 家族全員ハマるとディープで障害はなんであれ薙ぎ払う。 すごいわね、こりゃあハマるわ」 「てか君、そんな薬持ってたんだね」 「役に立って良かったでしょう?私やっぱりアルファなのね、挿れられるのも挿れるのも両方したいわ」 「ねぇ、じゃあやっぱり、僕が適任なんじゃないの」 月島は荒北の精液をティッシュでぬぐった。 てか女子のアルファってオナニーどうしてるんだろ。 いいこと月島、余計なお口はチャックなさい。

Next

【ハイキュー!!】月島蛍の彼女です

】烏、鳴き方がわからない【男主】 話数 40話 ジャンル 男主 オリジナル主人公 こんな人にオススメ 烏野高校が好き こんなおはなし 夢小説となめてかかったらいけません。 私はただ、彼に嫌われたくなくて、面倒だと思われるのが嫌で、彼の言う事には大抵いい返事をしていたつもりだったのに。 荒北さんはね、なんか、アルファの中でも上位らしくて、あの人より下位のアルファはあの人のマーキングしたオメガには手が出せないんだって」 「そうなの?発情期が軽くなるのかと思ってた」 「それもあるかもしんねーけど、荒北さんの匂いの付いたオメガはなんつーか、そこらのアルファよりヤベー感じでヤベー」 「馬鹿丸出しなこと言わないでよ。 いつも隣にいる山口も同じようで、珍しくうんざりした顔で集団を一瞥した。 カルシウム不足してんじゃない?」. 作戦会議と称して廊下に座り込むとでかいのが多くてじゃまくさい。 それから時がたつにつれ、謎の女性の正体がじょじょに明らかになっていく。

Next

『路地裏の烏~HQ裏夢短編小説~【R18】』

菅原相手。 父は元スポーツ選手で母はその元トレーナー、兄もインハイ出場したし姉は留学大好きガチガチのインテリウーマン。 慣れない下駄をはいたせいで鼻緒の部分の皮膚がうすくめくれている。 お相手は月島蛍。 月島が発情してるトコ」 「あっ、」 キュウキュウとアルファを受け入れるべき部分がひくついて苦しい。

Next

ハイキュー!!だって大好きなんだもん?

「お前、荒北さんが好きなのか」 「え!?」 「それが何?王様協力してくれんの?」 「荒北さんは日向に必要な存在だ。 私と【友達】で良かったわね」 「そんなつもりで話してたわけじゃないよ」 「あらそう、ねぇ、出てってくれない?私今すごく機嫌が悪いの。 完璧じゃないヒロインだからこそ親近感がわきました。 月島は山口のこういう所をスゴいなと思う。 練習に戻った日向が普段以上に元気に飛び跳ねた所を見ると、もしかしたらマーキングにはオメガとってドーピング効果もあるのかもしれない。

Next