未来2062。 2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

2062年の未来人が答えたことが、現実化しそうな予感。

新しい兵器は存在する。 三、日本穿越人预言的真实性 有不少的人认为这是小把戏,是日本人对中国的嫉妒,因为在2011年,中国与日本在钓鱼岛问题上有着强烈的争议,但是,日本媒体就穿越人造谣中国会在2062年灭亡,确实是一种小人的把戏,不符合人们道德与做人的秉性。 協力者 2062」が未来へ帰還した3月30日から2日後、4月1日の夜、 「協力者」と名乗る大学生が2062のアカウントに登場した。 「2062年からみて、2010年の内に食べておいた方がいい物は?」 海産物は食べておいた方がいい。 それは日本で使用されるか A. オカルトのように聞こえるかもしれないが、この世界は果たして本当に"現実世界"と呼べる存在なのかということに目を向けて見るべきだ。

Next

2062年から来た未来人は新型コロナウイルスや東京オリンピックを予言していた?

ワクチンは完成しているだろうが、接種している者はほとんどいないはずだ。 日本で有名な未来人は2062年から来た男。 エネルギー問題の解決は? 閲覧者たちは「彼は東日本大震災を知っていて、津波を避けるために山に登れとメッセージを送ったのではないか」と考えた。 詳しく書けば長くなる。 自然災害に関しては、言う事が許されない。 いくつかピックアップして紹介します。 bttp. 石油がエネルギーの主流じゃなくなった後、中東の国々はどうなったか? A. 2062氏については2010年~2011年、そして東日本大震災や熊本地震の時が話題のピークだったので、今は忘れてしまっている方も多いかもしれませんが、2062氏の予言も気になりますね。

Next

未来人预言之谜,两位来自未来人的预言是真的吗?(真相揭秘)_探秘志

结语:这些预言并不都是准确的,比较这些所谓的未来人根本无法得到证实,甚至有的预言还是错误的。 問題はその後だ。 日本周辺の国で国境に大きな変化を生じた国は有りますか? A. って、まぁ、今日はこれくらいにしておこう。 会社には一人いるかいないかで、大半が自宅で就業している。 自分は医者なのですが2062年の医療はどうなっていますか? A. 海産物は食べておいた方がいい。

Next

2062未来人的预言中文版(7)

国境に大きな変化を生じた国はインドだな。 時間移動について私がどれほど語っても、この世界になんの影響も及ぼすことがない。 そしてその考えのもと、後に研究を進めた方が私たちの上司にあたる。 それでも、一部から熱狂的に受け入れられるきっかけとなったのが、次の書き込みだ。 それは、 2062年から来た男。

Next

日本“未来人”:中国在2062年会被印度消灭殆尽_风闻社区

無残だ。 能力が低い者同士の自己主張が衝突すればどうなるのか、を考えれば理解できる。 「エネルギー問題の解決は? とても人気がありますね。 あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。 ところが2010年11月14日にこんな発言をします。

Next

インターネット上に現れた「未来人」〜2062氏

注目を集めるきっかけとなった、2010年の書き込みがこれだ。 第三次世界大戦は日本も参戦しますか?核は使用されますか? A. いずれにしても昨今の状況では 「何が起こってもおかしくない」世の中だ。 データが無いため教えられません。 それは日本で使用されるか? 今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。 また別の新型ウイルスが発生する。 中国はもう存在していない。 新しい医療技術は? A. だが、しばらくして「2062」の現代での案内人という 「Mr. 架构师、项目经理、企业高管能干得不错,这就是能力基础。

Next

未来人预言之谜,两位来自未来人的预言是真的吗?(真相揭秘)_探秘志

彼の発言が本物という前提で、 「時間移動の方法」を考察する。 なぜなら、3月11に発生した東日本大震災のことをほのめかしたり、2016年4月14日に発生した熊本地震について。 2ちゃんねるを選んだ理由は、その時代に人気のあるサイトだと知っていたからで、思わず書き込んだと発言。 印度文化历史中的糟粕成份也跟中国的一样,早晚会被扫进历史的垃圾堆。 このことを予言していたのでは? 55億人。

Next

KFK,一个自称来自 2060 年的未来人?你怎么看待?

今後の世界情勢や日本はどうなるのか? 也可能是佛法经书所说:未来男性寿命越来越短,而女性寿命越来越长。 存在しているが、存在していないという事実に目を向けるべきだ。 AI将会发展迅速,并且能够控制家居生活;比特币会比现时更为通用,惟实体货币仍未消失。 医療業界は今と比較すれば信じられないほど飛躍。 中心国は正しい対処をした。

Next