ヨルシカ 後書き。 ヨルシカ オフィシャルファンクラブ「ヨルシカ smartphone site 「後書き」」オープン!

ヨルシカ オフィシャルファンクラブ「ヨルシカ smartphone site 「後書き」」オープン!

元々器用に表現する人だから、ヨルシカというものに適応したと言ってもいいかもしれないんですけれど。 まぁ「ノーチラス」の曲の一節で、このような歌詞があったため直ぐに納得した。 そして彼のメロディと言葉が持つ力は、suisが巧みに感情を差し引きしながら歌うことで増幅するのだ。 夜行)• 一つ一つの楽曲は、1stアルバム『だから僕は音楽を辞めた』に収録されている楽曲と対になる構造を持っている。 n-buna そうですね。

Next

ヨルシカ

このタイトルのもとになった着想は、東京で見た花火なんです。 過去にエルマとエイミーが出会った時のことを書いている。 タワーレコード オルゴールCD (M1. これは僕自身の原風景でもあります。 潜水艦で世界を旅する話なんですけれど、すごく好きな小説なんです。 ヨルシカでエイミーとエルマの物語を作るにあたっても、そういう構造を描きたかったというのがあります。 砂浜が綺麗だったし、湖も涼しかった。 岐阜の山の上にあるプールによく行ったんですけど、底が深いプールで、身体から完全に息を吐き切って沈んで上の方を見ると、日光が綺麗に差している。

Next

ヨルシカ オフィシャル通販サイト「ヨルシカofficial store」 オープン!|株式会社Fanplusのプレスリリース

テレビ出演もなく、表立った活動も特にしてこなかったにも関わらず上位にランキングされたことは本人たちはもちろん、ファンにとっても嬉しい結果だったのではないでしょうか。 出身地:非公開• 多数のアーティストへの楽曲提供やテーマソングの制作などの作家としての活動も行う。 「パレード」のリフをそのまま使っているんです。 構想自体はずっと前からあったんですけれど、それをもとに曲を完成させて、詩を書いて、レコーディングに臨んでいった。 今後はライブのチケット優先予約などもあるかもしれませんね! ライブといえば、ヨルシカは普段顔出しをしていないため、ライブでしかその顔を見ることができません。 エイミーの遺したノーチラスの歌詞を見つけ、遺した歌詞で歌を作ろうと決意する。 日記の終わりの方にもエルマとエイミーが見た花火の話が書いてあるんですけど、それを思い出してエルマが書いている。

Next

会員登録

さらにsuisの歌声はロックやバラードなど、どんな曲調にもピタリと合っていて、歌詞が男性目線でも女性目線でも違和感なく聞くことができます。 ヨルシカの経歴 ボカロP時代 ヨルシカとして活動する前は、前述したとおり n-bunaはボカロPとして音楽活動をしていました。 それもアルバムの背景にある物語の一場面のように。 インタビュー後編では、ヨルシカのコンポーザー・n-bunaにその情景を一曲一曲解説してもらった。 「だから僕は音楽をやめた」では、青年がエルマという女性の死を受け入れられず空っぽになった様子なのかなと思ってましたが、実際はエイミーが病気だったことや、ノーチラスの曲で海に身を投げたことが窺えます。

Next

【ヨルシカ】smartphone site「後書き」本日より開始。|ヨルシカ OFFICIAL SITE

2012年から活動を開始したサウンドクリエイター。 そういうものが書きたかった。 n-buna いい表現ですね。 また、ナブナさんやsuisさんのアルバムについてインタビュー記事を読んで、「だから僕は音楽をやめた」は、エイミーが送った木箱に入ってた曲をエルマがアルバムにしたことがわかり、なるほどと思いました。 「透明エレジー」「ウミユリ海底譚」「夜明けと蛍」「メリュー」「アイラ」「白ゆき」と多数のミリオンヒット曲を投稿し、2015年「花と水飴、最終電車」、2016年「月を歩いてる」の2枚のボーカロイドオリジナルアルバムを発売、ロングセラーを続ける。

Next

ヨルシカ オフィシャルファンクラブ「ヨルシカ smartphone site 「後書き」」オープン!|株式会社Fanplusのプレスリリース

スウェーデンは幼少のある時期住んでいた国で、ガムラスタンはよく行っていた街です。 それを知ったエイミーは、エルマに別れを告げ旅に出る エイミーは薄々分かっていた。 ビートに関しては、欧米で数年前から流行り始めていたローファイヒップホップというジャンルから取り入れたりもしてます。 女の子がこんな所よりも人の多いところに行った方が良いのでは?と聞くと 彼女がもし生まれ変わっているのなら、きっとここへ来ているだろうから。 歌詞でも「眼を覚ます」と書いている。 コンセプトをしっかり固めた上で、その作品の中に音楽というものがあって、それをパッケージして世に出すということがしたかったのが、ヨルシカの始まりですね。

Next

【ヨルシカ】smartphone site「後書き」本日より開始。|ヨルシカ OFFICIAL SITE

『エルマ』の物語の中では、エルマが湖に飛び込んだ後、月明かりのような日の光が見える。 2019年には4月と8月に「だから僕は音楽を辞めた」と、「エルマ」というアルバムを1枚ずつ発売しています。 2019年4月に発売したは1st Full Album「だから僕は音楽を辞めた」はオリコン初登場5位を記録し、各方面から注目を浴びる。 ヨルシカを結成したのは2017年の春なんですけれど、音楽を辞めた青年と、それに影響されて模倣するように生きるエルマという人間の話をコンセプトにした作品は、その頃から作ろうと思っていました。 2017年のデビュー後、ニコニコ動画やYouTubeなどで人気はあっという間に広がり、2018年5月に発売されたアルバム「負け犬にアンコールはいらない」が オリコン5位という快挙を達成しました。 観客目線からもあっという間の時間であったし、ライブのコンセプトとしてもあっという間の表現だった。 そうして今も影響を受け続けている僕の原風景の一つを書いたのが「ノーチラス」という曲です。

Next

ヨルシカ

close 閉じる the 2nd volume: 『エルマ』の全14曲からは、主人公「エルマ」が辿った旅の足跡が浮かび上がる。 ポップ・ミュージックの歌詞を形容するにあたって「文学的な〜」という言い方をすることはよくあるんですが、ヨルシカの場合は、ちょっと違うなと思いました。 深い夢の中、海の底みたいな眠りの中から目を覚ます。 2017年より活動を開始。 で、楽器屋に行って、マンドリンとウクレレが合体した謎の楽器を見つけたんです。 虚数単位iの2乗でマイナス1になる。 生年月日:非公開• 自分が本来作りたい音楽は評価されず、生きていくため、お金を稼ぐためにプライドを捨てて、大衆ウケするテーマを選びポップな曲調にして、綺麗な音楽を世に出す。

Next